2018年11月16日

原みつるとシャネル・ファイブ(稚内ブルース)

原みつるとシャネル・ファイブ(稚内ブルース).jpg


原みつるとシャネル・ファイブ


かつて存在したコーラスグループ、ロックバンドである。

「ダイナミック演法」で知られる実力派グループであり、内山田洋とクール・ファイブに強烈な影響を受けたグループとしても知られる。

演奏の技量は非常に高く、原みつるのサポートでは歌謡曲を主に演奏していたが、新田憲幸のボーカルでは歌謡曲、ポップス、スタンダード、ディスコミュージックと実に幅広いジャンルを演奏していた。

「原みつるとシャネル・ファイブ」名義でシングルを5枚、アルバムをオムニバス参加を含めて3枚、原が「平田満」としてソロデビュー後に、「シャネル・ファイブ」名義でシングル1枚、「平田満+シャネル・ファイブ」名義でシングル1枚、アルバム1枚をリリースしている。


稚内ブルース


1971年7月に、原みつるとシャネル・ファイブがリリースしたデビューシングルである。

作詞・作曲藤本卓也

ジャケット表面に「ダイナミック演法第一弾!!」と銘打たれ、演奏の実力を売り物にしており、またジャケット内面には、「知床から稚内へ」「長崎から北海道へ」という文言が書かれ、前年の最大のヒット曲のひとつ加藤登紀子の『知床旅情』、長崎市で結成された当時の人気グループ「内山田洋とクール・ファイブ」が意識されていた。

wikipedia

原みつるは、ソロでは平田満になり、作曲家では幸斉たけしで多くの歌手に曲を提供しています。

(稚内ブルース)は、1988年に鳥羽一郎がリリースしていますが、カバーではなく、まったく違った曲です。






posted by aritama at 15:50| Comment(0) | グループ

2018年10月31日

ハニー・ナイツ(ふりむかないで)

ハニー・ナイツ(ふりむかないで).jpg


ハニー・ナイツ


1958年に結成された男性コーラス・グループ

当時のリーダーは野村忠久。その後葵まさひこに交代。

1974年に解散。解散後もレコーディングのために再結成されたことがある。

解散までに吹き込んだCMソングやアニメソングの総数は5000曲に達する。


ふりむかないで


1972年ライオンエメロンシャンプーのCMソング

作詞:池田 友彦、作曲:小林亜星

シングルでは6番までで、LPでは7番〜12番の歌詞でも歌われたが、実際には72番まで歌詞が作られレコーディングされた(ただしレコード等で発売はされていない)。

2002年のリバイバル版テレビCMでは郷ひろみが歌っていた。

2002年に三浦弘とハニーシックスが、2011年にポカスカジャンがDororonえん魔くん メ〜ラめらの挿入歌としてカバーした。

2017年には奈良県の観光振興策の一環として県内の20市町村が各地域のアピール内容を歌詞に盛り込んだ替え歌を制作し、動画をYouTubeで配信しカラオケをJOYSOUNDで配信した。

wikipedia

エメロンシャンプーのCM曲でした。懐かしいですね、CMは街頭インタビューで可愛い女性にふりむいてもらうというものでしたが、その当時は皆、恥ずかしがっていました。楽しいCMでした。

CM動画ありました。2002年の郷ひろみバージョンの動画もありました。

この曲は6番まであり、東京、札幌、仙台、名古屋、大阪、博多と歌われています。

三浦弘とハニーシックスの動画も掲載しました。






2002年リバイバル版テレビCM郷ひろみ




三浦 弘&ハニーシックス


posted by aritama at 16:21| Comment(0) | グループ