2016年06月04日

ロス・インディオス&シルヴィア(別れても好きな人)

ロス・インディオス&シルヴィア


棚橋静雄をリードボーカルに、ラテン音楽を中心に音楽活動を行う。

またこれらの糧を生かし、ムード歌謡が全盛期のさなか、「コモエスタ赤坂」「知りすぎたのね」を発表。いずれもヒットソングとなり、有名歌手グループとなる。

都会派ムード歌謡コーラスグループとして数多くのヒット曲を持つ。また、ロス・インディオス&シルヴィアとして、テレビなどで共演するなど、ステージでは多くの女性ボーカルと活動を共にしている。


別れても好きな人


1969年12月に発売されたパープル・シャドウズの5枚目のシングルである。同年7月には、松平ケメ子も歌っている。

それから10年後の1979年にロス・インディオス&シルヴィアが一部歌詞の地名を変えて(青山→原宿、狸穴→高輪など)カバーし、翌1980年に掛けてミリオンセールスの大ヒットとなった。

1980年末の「第31回NHK紅白歌合戦」に初出場を果たした。

wikipedia






ロス・インディオス&シルヴィア ベスト EJS-6174