2016年05月28日

堀内孝雄(愛しき日々)

堀内孝雄


大阪市阿倍野区出身の歌手、作曲家、アリスのメンバー。

1971年12月25日に谷村新司と堀内孝雄が西心斎橋二丁目にあるビジネスホテル・大阪帝国ホテルの一室にて、矢沢透が合流することを前提に「アリス」を結成。

翌1972年3月5日、シングル「走っておいで恋人よ」でデビュー。

同年5月5日に矢沢が正式に合流し、晴れて現在のアリスとなる。「遠くで汽笛を聞きながら」「冬の稲妻」「ジョニーの子守唄」「夢去りし街角」「秋止符」など、数々の曲を生み出した。

その傍らでソロ歌手としても活動、「君のひとみは10000ボルト」や、滝ともはるとのデュエット曲「南回帰線」(売上40万枚)などを大ヒットさせている。

アリス活動停止後はソロ歌手として、ニューアダルトミュージック、そして演歌・歌謡曲路線に転向後、「愛しき日々」、「恋唄綴り」、「影法師」など数々のヒット曲を出した。


愛しき日々


作詞:小椋佳、作曲:堀内孝雄

1986年10月に発売されたシングル大ヒット曲

日本テレビ系の年末時代劇『白虎隊』(1986年)の主題歌として使用された、堀内の代表曲の一つ。カラオケのイメージ映像では同作の映像を使っている機種もある。

オリコンでも最高で4位を獲得し、上述の白虎隊のヒットもあって、この曲で堀内を知り、ファンになった人が多い程の名曲にもなった。

wikipedia






愛しき日々/坂道


posted by aritama at 15:37| Comment(0) | 堀内孝雄