2016年05月02日

さくらと一郎(昭和枯れすゝき)

さくらと一郎


静岡県出身の徳川 一郎と福島県出身の河野 さくらによるデュエット歌手

後に一郎が2代目さくら(山岡さくら)と組み現在にいたる。


昭和枯れすゝき


作詞:山田孝雄、作曲:むつひろし

1974年7月21日に発売した当初はレコードの売れ行きが伸び悩んでいたが、同年10月16日から放送開始された『時間ですよ昭和元年』の挿入歌として、細川俊之演じる十郎と大楠道代演じる菊との居酒屋の場面に効果的に使われたことにより、有線放送を中心に人気に火が付き、発売約9か月後の1975年5月5日から3週間、オリコンシングルチャート1位を獲得した。

グループ唯一のミリオンセラーも達成している。この年のオリコンシングルチャートで年間1位となり、『第8回全日本有線放送大賞』では大賞にも輝いている。

150万枚を売り上げた。

wikipedia

非常に暗い歌でしたが、あの当時はものすごい人気でした。

あの当時の動画がありませんので曲だけをお楽しみください






昭和枯れすゝき [EPレコード 7inch]


posted by aritama at 15:31| Comment(0) | さくらと一郎