2016年04月30日

宮史郎とぴんからトリオ(女のみち)

宮史郎とぴんからトリオ


宮 史郎は、 兵庫県加西市出身の演歌歌手。

宮五郎(宮史郎の兄)・並木ひろしと共に音曲漫才ぴんからトリオを結成。

グループ名の由来は「ピンからトリを」からである。

1972年(昭和47年)、東宝芸能所有の大阪梅田の演芸場『トップホットシアター』に出演していた時期に自主制作したレコード「女のみち」が、有線放送と地道な営業から火が付き420万枚を売り上げた。


女のみち


1972年5月10日に発売されたぴんからトリオのデビューシングル。

作詞は宮史郎、作曲は並木ひろし。

1971年、ぴんからトリオの結成10周年記念(ぴんからトリオの前身の「スパローボーイズ」の結成から数えて)として彼らの自作曲であるこの曲を自主制作で300枚プレスし、有線放送で流したところ大きな反響があった。

そして1972年、第一プロダクションの協力により日本コロムビアからレコード発売が決定すると爆発的なヒット曲となった。

オリコン週間1位、1972年度年間1位、1973年度年間1位

以上wikipediaより抜粋




浪花の演歌師 宮史郎とぴんからトリオ


posted by aritama at 16:16| Comment(0) | 宮史郎とぴんからトリオ