2016年04月23日

瀬川瑛子(命くれない)

瀬川瑛子


東京都渋谷区出身の演歌歌手・女優

1970年に「長崎の夜はむらさき」が50万枚のヒットを記録した。

1983年には、ちあきなおみや細川たかしらとの競作「矢切りの渡し」が30万枚を売り上げる。

そして、1986年には夫婦の情愛を描いた「命くれない」が1987年度オリコンシングルチャート年間1位を記録し、ミリオンセールスを記録して大ヒット。

自身の代名詞的な曲となる(ただ、皮肉にも、歌詞にある「一途に添い遂げる女」とは裏腹に、私生活では結婚生活が破綻して夫とは別居状態に陥っていた。

この時に「この歌を歌う資格があるのか?」などと自問自答し、「初めて歌を歌って苦しい、と感じた」と述べている)。


命くれない


作詞:吉岡治/作曲:北原じゅん

1986年の発売開始当初は鳴かず飛ばずであり、発売時のレコード店からの予約枚数は「1860枚とちょっと」であったという。

しかし、1987年に入ってから徐々に有線で上位にランクされるようになる。1988年1月下旬に100万枚目のレコードをプレスし、累計では170万枚を売り上げた。

この曲の大ヒットにより、1987年暮れの『第38回NHK紅白歌合戦』に瀬川瑛子自身念願の初出場を果たした。

オリコンチャートでは、最も低い年間売り上げ(42万3千枚)と最も低い最高順位(6位)での年間シングルチャート1位(1987年度)に輝いた。

以上wikipediaより抜粋




命くれない (MEG-CD)


posted by aritama at 14:17| Comment(0) | 瀬川瑛子