2016年03月27日

中条きよし(うそ)

中条きよし


岐阜県岐阜市出身のムード歌謡・演歌歌手、俳優である

船員を経て大阪の劇団に所属し、役者を目指す。

ある歌手の前座のピンチヒッターとして歌ったことからレコード会社関係者の目に止まり、1968年、高波 明(たかなみ あきら)という芸名で歌手デビュー。しかし思うように売れなかった。

1971年、今度は渥美 健(あつみ けん)という芸名で再デビューしたが、売れなかった。

その後はサラリーマンとして生活し、20代半ばで東京都内にスナックを出店した。常連客にテレビやマスコミの業界関係者が多かったことから、歌の上手さを認められ、1973年、オーディション番組『全日本歌謡選手権』に出場。10週勝ち抜きのグランドチャンピオンとなった。

審査員の作曲家・平尾昌晃の後押し、審査員だった作詞家・小説家の山口洋子の命名により芸名を中条きよしに変え、山口が作詞し平尾が作曲した演歌「うそ」で1974年1月、キャニオン・レコードから3度目(中条本人によればこれが正式)のデビュー。


うそ


作詞・山口洋子 作曲・平尾昌晃

発売から3ヶ月余りでオリコントップ10に初登場し、6週後には1位を獲得し、そこから8週連続1位を獲得。

累計売り上げは150万枚を突破した。

「日本歌謡大賞」放送音楽新人賞、「FNS歌謡祭」最優秀ホープ賞(1974年上期)など獲得し、さらに1974年末の『第25回NHK紅白歌合戦』に初出場を果たした。

オリコン週間1位

wikipedia






ゴールデン☆ベスト


posted by aritama at 14:39| Comment(0) | 中条きよし