2019年07月25日

大下八郎(おんなの宿)




大下八郎


秋田県能代市出身の昭和期の演歌歌手

幼少時から民謡を得意にしていた。

のど自慢番組で民謡を歌っているところをコロムビア関係者の目にとまりスカウト。

船村徹のもとでレッスンを重ね、1963年デビュー。

芸名の由来は、怒られても意に介さないところから「たいした野郎だ」ともじって船村徹が名付けた。


おんなの宿


1964年に発売された大下八郎の大ヒットシングル

Wikipedia

作詞:星野哲朗 作曲:船村徹

船村徹らしい良い曲ですね、カバー動画もたくさんありました。

大下八郎は「たいした野郎だ」というのは面白いです。

大(たい)下(した)八(や)郎(ろう)です。









藤圭子


石川さゆり


西来路ひろみ


中村美律子


長山洋子


五木ひろし



posted by aritama at 13:06| Comment(0) | 60年代ヒット曲
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: