2019年04月12日

高田恭子(みんな夢の中)

高田恭子(みんな夢の中).jpg


高田恭子


京都府出身の歌手

京都のアマチュア・フォークシーンで活躍した後、1967年、「大塚孝彦と彼のグループ」を経て、マイク真木が結成したGSバンド、ザ・マイクスに二代目女性ヴォーカリストとして加入、シングルを一枚残す。

その後カンツォーネに興味を持ち、独学で練習。

1968年「第一回カンツォーネコンクール」で優勝。

1969年に「みんな夢の中」でソロデビュー。


みんな夢の中


1969年3月1日に発売された、高田恭子のソロデビュー・シングル

作詞・作曲:浜口庫之助

当曲のロング・ヒットで、「第11回日本レコード大賞」ではピーター、はしだのりひことシューベルツ、内山田洋とクール・ファイブ、千賀かほると共に、新人賞を獲得した。

「第20回NHK紅白歌合戦」にも初出場を果たした。

Wikipedia

60年代らしい動画で白黒映像です。

高田恭子さんは、今でも歌手として活躍しているみたいですね

ビートたけしの思い出の曲とのことで、夏川りみが唄っています。

村上紗由里というシンガーソングライターがカバーしていました。










夏川りみ


村上紗由里



posted by aritama at 15:06| Comment(0) | 60年代ヒット曲
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: