2019年04月05日

村上幸子(酒場すずめ)

村上幸子(酒場すずめ).jpg


村上幸子


新潟県村上市(旧・岩船郡荒川町)出身の演歌歌手

1979年に『雪の越後を後にして』でクラウンレコードから歌手デビュー。

1984年の「酒場すずめ」が人気を集め、歌唱賞レースに参戦した。

1988年にリリースされた「不如帰(ほととぎす)」を自らの勝負曲と位置づけたが、歌詞の一部が当時昭和天皇が重体で「時期的にも適切な表現とは言えない」という理由から放送中止(自粛)になったというエピソードを持っている(「不如帰」の歌詞中に「血を吐く…」という形容の表現があり、当時昭和天皇は下血・吐血を繰り返し、危篤と小康状態を往復していたためこのことを気遣った放送局は同曲の放送を自粛した。)。

後に「不如帰」は瀬口侑希がカバーした。


酒場すずめ


1984年に発売された村上幸子の三枚目のシングルヒット曲

作詞:山田孝雄/作曲:四方章人

和田青児がカバーしている。

Wikipedia

いい曲ですよね!もっと大ヒットしてもいいなと思える曲です。「ちゅんちゅん ちゅんちゅん」という歌詞の部分がよいです。

和田青児のカバーも掲載しました。

放送中止になったという「不如帰」もいい曲です。動画ありましたので掲載しました。瀬口侑希のカバーも掲載しました。

村上幸子は31歳の若さで死去しています。








和田青児


村上幸子「不如帰」


瀬口侑希「不如帰」



posted by aritama at 15:17| Comment(0) | 村上幸子
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: