2018年07月29日

バーブ佐竹(女心の唄)

バーブ佐竹(女心の唄).jpg



バーブ佐竹


北海道釧路市出身の演歌歌手

本名は佐武 豊(さたけ ゆたか)

芸名は、本名の「佐武」を「さぶ」と読み間違えられることが多かったため、正しい読みの「さたけ」に「竹」を充て、竹を英訳した「バンブー (bamboo)」から「バーブ」を冠したものである。

22歳の時、歌手を志して上京。

流しのギター弾き・ナイトクラブの専属歌手など長い下積み生活を経て、1964年『女心の唄』でレコードデビュー。

250万枚を超える大ヒットとなり、翌1965年の第7回日本レコード大賞新人賞を受賞。

NHK紅白歌合戦にも同年から4年連続で出場した。

独特の低音の歌声は「バーブ節」と呼ばれ、その後も『ネオン川』、『カクテル小唄』などがヒット。

また、特徴的な顔立ちを表した「顔じゃないよ、心だよ」のキャッチフレーズは流行語となり、牧伸二、菅原洋一らと「モスラ会」を結成して話題になったこともある。


女心の唄


1964年12月にバーブ佐竹がリリースしたデビューシングル

バーブ佐竹の代表曲である。

作詞:山北由希夫 / 作曲:吉田矢健治

本作を手にするまでのバーブは、北海道のネオン街からスタートした流しの歌手で、のちに東京に移住し、バーで歌っていた。

本シングルは200万枚以上を売り上げて1965年の大ヒット曲となり、第7回日本レコード大賞で、新人賞を獲得した。

wikipedia

久々にこの曲を聴いて懐かしいと思いました。私は子供でしたが、この曲のヒットはよく覚えています。200万枚以上の売り上げですので、その当時はTVで頻繁に流れたと思います。

バーブ佐竹は、流しだったとのことで、ギターを弾きながら歌うデビュー当時の動画がありました。貴重ですね







posted by aritama at 14:43| Comment(0) | 60年代ヒット曲
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: