2018年05月22日

青江三奈(恍惚のブルース)

青江三奈(恍惚のブルース).jpg



青江三奈


東京都江東区砂町出身の歌手(演歌・歌謡曲など)

「青江三奈」の芸名は、作詞家・川内康範が『週刊新潮』で連載した小説「恍惚」のヒロインの歌手の名前に由来する。

高校在学時から銀座の「銀巴里」でステージに立ち、高校卒業後は西武百貨店勤務を経てクラブ歌手となる。

1966年に『恍惚のブルース』でメジャーデビューし、80万枚を売り上げるヒットとなる。


恍惚のブルース


1966年6月21日に青江三奈が発売したデビュー・シングルである

作詩は川内康範、作曲は浜口庫之助

かつて銀座のバーでクラブ歌手を務めていた井原静子(本名)は、作詩家・川内康範の当時『週刊新潮』の連載小説『恍惚』のヒロイン歌手だった『青江三奈』の芸名を貰い、本作でメジャーデビュー。

本作はいきなり約80万枚のヒット曲となり、青江三奈は1966年大晦日の『第17回NHK紅白歌合戦』に同曲で初出場を果たした。

wikipedia

青江三奈は、60年代に大ヒット曲が多いです。70年代からは大ヒットはないようです。ハスキーボイスでセクシーでもありました。






posted by aritama at 14:40| Comment(0) | 60年代ヒット曲
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: