2017年01月02日

石川さゆり(津軽海峡・冬景色)

津軽海峡・冬景色


1977年1月1日に発売された石川さゆりの15作目のシングル

第19回日本レコード大賞歌唱賞受賞曲

オリコン週間6位

作詞:阿久悠、作曲:三木たかし

この曲の発表当時の東北地方などへの東京側の始発駅となることが多かった上野駅から夜行列車に乗り、雪が降る青森駅で降りて、黙ったままボーディング・ブリッジを渡って北海道に向かう青函連絡船へと乗り継いで行く人々の描写がある。

歌詞は竜飛崎の回想までで函館駅への到着までは描写せず、青函連絡船上の津軽海峡で女性の心情を吐露させて終わる。

歌のタイトルの「津軽海峡」の後に中黒(「・」)を入れた理由を阿久自身は覚えておらず、後には「津軽海峡冬景色」という1つの象徴語なので中黒は不要だと考えるようになったという。

wikipedia

その当時と思われる動画がありました。アイドルのような石川さゆり、でも歌えば歌唱力抜群、そのギャップが魅力的です。

着物姿の大人の石川さゆりもいいですね




津軽海峡・冬景色[EPレコード 7inch]




posted by aritama at 13:00| Comment(0) | 石川さゆり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: