2018年04月21日

安倍律子(愛のきずな)

安倍律子(愛のきずな).jpg



安倍律子


北海道札幌市出身の歌手

高校中退後、地元の音楽喫茶で平尾昌晃にスカウトされ、1970年8月1日にキングレコードよりデビュー

1983年、橋幸夫の新作としてデュエット曲『今夜は離さない』制作に当たって作詞家から相手役オーディションの誘いを受け、先入観をなくすために名前を伏せて録音した数人の音源を聞いた中から橋幸夫らによって安倍が選出される。

しかし、同曲ヒット後に自分ひとりでもやれると考えて橋の事務所から一方的に離脱。

以降、松方弘樹、桜木健一、林与一、誠直也らとデュエット曲を発表、「デュエットの女王」の異名を得る。

現在もリサイタル・ディナーショーなどで歌手活動を継続している。

なお2014年に不義理をした橋と和解している。


愛のきずな


1970年8月1日発売の安倍律子のデビューシングル

作詞 加茂亮二 作曲 鈴木淳

第12回日本レコード大賞新人賞受賞

wikipedia

安倍律子は安倍里葎子に改名しているみたいです。この曲がヒットしたのは覚えています。「デュエットの女王」は初めて知りました。






posted by aritama at 15:23| Comment(0) | 安倍律子

2018年04月06日

内田あかり(好色一代女)

内田あかり(好色一代女).jpg


内田あかり


大阪府出身の女優、歌手

元々は本名の大形久仁子として地元のジャズ喫茶の歌手として活躍。

その後、16歳でスカウトされ、1966年にTBSの連続テレビ・ドラマ「土曜日の虎」に藤久仁子の名で出演、1967年東芝レコードより「限りある日を愛に生きて」でレコードデビュー。

1968年に和田弘とマヒナスターズとデュエットし発売した「私って駄目な女ね」が50万枚のヒット。

しかし、ソロとしてはヒットに恵まれなかった。

だが、デビュー7年目の1973年、芸名を「内田あかり」に改名し、その年に発売した「浮世絵の街」が70万枚の大ヒット。

その後「浮世絵の街」が映画化された際には主演も務めた。


好色一代女


1989年3月に発売されたシングルヒット曲

作詞:吉岡治 / 作曲:三木たかし

奇抜な衣装と妖艶さを全面的に表したことが話題を呼び久々のヒットを記録した。

『日本レコード大賞』作詩賞を受賞している。

wikipedia

着物にハイヒールで、中森明菜の「DESIRE」のときの衣装と少し似ていますね




posted by aritama at 14:44| Comment(0) | 内田あかり