2017年07月14日

黒沢年雄(やすらぎ)

黒沢年雄(やすらぎ).jpg


黒沢年雄


神奈川県横浜市西区出身の俳優・歌手

1964年、第4期東宝ニューフェイスとして東宝に入社。

俳優を志した理由は「有名になって金持ちになりたかったから」

岡本喜八、福田純、西村潔、松林宗恵などの作品に多く起用されて人気が出る。

テレビドラマでも『ザ・ハングマン』への出演で知られるようになる。

独特の低音声が特徴で、『やすらぎ』と『時には娼婦のように』には大ヒットとなった。


やすらぎ


1975年5月1日発売の黒沢年雄12枚目のシングルヒット曲

作詞・作曲:中山大三郎

wikipedia

黒沢年雄は、若い頃はニヒルなかっこいい俳優でした。この曲はよくスナックなどのカラオケで聴きました。





posted by aritama at 13:37| Comment(0) | 黒沢年雄