2016年07月26日

八代亜紀(雨の慕情)

雨の慕情


作詞:阿久悠 作曲:浜圭介

1980年に発売された、八代亜紀のシングル

シングルの総売上は「なみだ恋」に続き八代のシングルでは第2位を記録した。

TBS系列『ザ・ベストテン』では唯一の登場曲となった。

前年発表した八代の「舟唄」が男心を歌にしていることに対し、同じく作詞をした阿久悠が女心を歌にしたものとされる。

「舟唄」「港町絶唱」と合わせて哀憐三部作とされた。阿久によると、「舟唄」「雨の慕情」と徐々に評判を高めていき、最終的に「港町絶唱」で日本レコード大賞を狙うつもりであったようである。

だが、結果的には「雨の慕情」が予想以上の大健闘を見せ、多くの音楽賞を受賞することとなった。

オリコン週間9位

第22回日本レコード大賞、第11回日本歌謡大賞、第6回日本テレビ音楽祭・グランプリ、その他多くの賞を受賞している。

wikipedia

八代亜紀といえば「舟唄」と「雨の慕情」ですね、この2曲は40代以上の人なら誰でもが知っていると思います。

読売新聞の「時代の証言者」に、八代亜紀が掲載されていました。それによると、八代亜紀は歌が好きで上手ではあったが、人前にでるのが苦手だったようです。それを克服するためにバスガイドになったそうですが、バスガイドでも最初は失敗し、その後クラブ歌手になり、なかなか売れずに苦労したそうです。

ダメなら歌手を辞める覚悟で『全日本歌謡選手権』に出場し、10週連続勝ち抜きでグランドチャンピオンになって有名になり売れました。

私は歌手とか芸能人というのは、目立ちたがりだからなるのかと思っていましたが、そうではない人もいるんですね!「時代の証言者」は何日間かの連載でした。八代亜紀の全ての記事を読んだ後、私は八代亜紀が大好きになりました。

やはり苦労している人というのは魅力があります。そんなところがトラック野郎に人気があるんでしょうねトラック野郎には、八代亜紀命という人が多いですよね

それから、クラブ歌手時代に五木ひろしと知り合い、今でも仲が良いそうです。

話は違いますが、ちあきなおみの曲に「雨に濡れた慕情」があります。この曲も良い曲なので掲載しておきます。




雨の慕情[LPレコード 12inch]



ちあきなおみの「雨に濡れた慕情」

posted by aritama at 14:15| Comment(0) | 八代亜紀

2016年07月16日

梶芽衣子(怨み節)

梶芽衣子


東京都千代田区神田出身の女優・歌手。

八雲高校在学中より高橋圭三の事務所に所属し、高校卒業と同時に日活に入社。

同年に映画『悲しき別れの歌』で本名の太田雅子でデビューし、石原裕次郎・小林旭・松原智恵子・吉永小百合らが主演する映画で助演していた。

子役からのアイドルスターであった太田博之とコンビを組み、W太田として青春スターとして売り出され、映画『青春前期 青い果実』で主演を果たす。

この頃は慣れないアフレコに四苦八苦しており、そんな梶をある大物女優があざ笑い、怒った梶はその女優に啖呵を切ったという。

その噂は撮影所に瞬く間に広がって武勇伝となり、会社の重役からは絞られたものの、その事が切っ掛けでアフレコを一生懸命に練習し、上達した。

映画『日本残侠伝』で監督・マキノ雅弘に芸名を梶 芽衣子と改名される。

改名は成功し、以降不遇時代から抜け出す。

1970年の日活映画『野良猫ロックシリーズ』5作に主演し人気を得る。


怨み節


1972年、73年映画「女囚さそりシリーズ」の主題歌

映画のヒットとともに主題歌もヒットした。

wikipedia

梶芽衣子の映画はあの当時人気がありました。不良女の役をやらせたら一番でした。『野良猫ロック』「女囚さそり」シリーズは今観ても楽しめます。

この「怨み節」 クエンティン・タランティーノ『キル・ビル』に使用されています。クエンティン・タランティーノは、「仁義なき戦い」やこの当時の日本の不良映画が大好きなんです。

『キル・ビル』のもととなった映画は、小池一夫原作の『修羅雪姫』だそうです。

『キル・ビル』私、観ましたが日本が舞台でチャンバラが出てくるわで、非常に面白かったです。特に印象的だったのが、制服姿で戦う栗山千明で、ものすごく可愛いのに派手に戦う姿がよかったです。栗山千明はこの映画でスターになりました。

そして『キル・ビル』と言えば布袋寅泰 の(バトル・ウィズアウト・オナー・オア・ヒューマニティ)が使用され大ヒットしました。




梶芽衣子☆ベスト☆恨み節 他



『キル・ビル』ワンシーン


布袋寅泰 の(バトル・ウィズアウト・オナー・オア・ヒューマニティ)



キル・ビル Vol.1
posted by aritama at 14:34| Comment(0) | 梶芽衣子

2016年07月15日

奥村チヨ(終着駅)

奥村チヨ


大阪府池田市出身の歌手

夙川学院高等学校在学中、知人が応募したオーディションに合格してしまい、1回きりの約束でドリンク剤のCMソングを歌ったことがきっかけで、卒業後東芝から「あなたがいなくても / 私を愛して」でデビュー。

和製シルヴィ・ヴァルタンとして売り出され、蠱惑的な魅力と甘えたような歌い方でたちまち人気を集める。

黛ジュン・小川知子とともに東芝3人娘の一角を占め、「ごめんネ・・・ジロー」「北国の青い空」などがヒット。

さらに「恋の奴隷」「恋狂い」「恋泥棒」のいわゆる「恋3部作」の爆発的大ヒットにより、人気歌手としての地位を確立した。

それまでのコケティッシュな雰囲気に、新たに官能的な魅力も加わり、初めてNHK紅白歌合戦出場も果たす(NHKでは内部規則で「恋の奴隷」の歌唱が禁じられていたため「恋泥棒」を歌った)。


終着駅


作詞:千家和也/作曲:浜圭介

この曲は、本人の歌手引退も辞さない強い希望で実現に至った曲である。

この曲を作曲した浜圭介も、この曲のヒットにより、作曲家として息を吹き返した。

その後、1974年に浜圭介と結婚、芸能界の第一線を退く。

1971年セールス40万枚の大ヒット曲

wikipedia

奥村チヨは本当に官能的でした。この曲はそうでもないですが、「恋の奴隷」は、歌い方、仕草、歌詞に至るまで刺激的でした。




終着駅 [EPレコード 7inch]



奥村チヨ「恋の奴隷」、この動画は途中から始まっていますが必見ですよ!

「恋の奴隷」てマゾの歌ですかね(笑)
posted by aritama at 13:39| Comment(0) | 奥村チヨ