2016年03月31日

川中美幸(ふたり酒)

川中美幸


大阪府吹田市出身の演歌歌手である。

1973年6月、「春日はるみ」の芸名でワーナー・パイオニアより「新宿天使」でデビューするも低迷。

1977年4月、「川中美幸」と改名し、テイチク・レコードより「あなたに命がけ」で再デビューした。

1980年、文化放送の深夜放送「走れ歌謡曲」のパーソナリティーに局アナ以外で初めて抜擢され、現在でも歌い継がれている有名なヒット曲「ふたり酒」が生まれることになった。


ふたり酒


作詞:たかたかし/作曲:弦哲也

この曲は1980年当時、同人がパーソナリティーを務めていた文化放送の深夜放送「走れ歌謡曲」の人気がきっかけでヒットしたといわれている。

オリコン最高位9位。100万枚のヒット。

以上wikipediaより抜粋




ふたり酒/今夜は乾杯


posted by aritama at 17:21| Comment(0) | 川中美幸

2016年03月30日

石川さゆり(天城越え)

石川さゆり


熊本県飽託郡飽田村(現・熊本市南区)出身の演歌歌手。

小学1年の時、島倉千代子の歌謡ショーに接し感動、次第に歌手を志すようになる。小学5年10歳の時に一家で横浜市神奈川区に転居、のち歌のレッスンを受け始める。

横浜市立城郷中学3年の夏休みに、フジテレビの「ちびっ子歌謡大会」に(応募したものの参加できなくなった友人に替わって)参加し合格。同年秋にフジの連続ドラマ『光る海』で沖雅也の妹役としてレギュラー出演した。

1973年3月25日、「かくれんぼ」でアイドル歌手として日本コロムビアよりデビュー。

キャッチフレーズは“コロムビア・プリンセス”だった。しかしデビューから暫くは「花の中三トリオ」などの影に隠れて、大きな人気を得るには至らなかった。

それから4年後の1977年に「津軽海峡・冬景色」が大ヒットとなり、第19回日本レコード大賞歌唱賞など、数々の音楽賞を受賞した。


天城越え


1985年、吉岡治と弦哲也、桜庭伸幸の3人が天城湯ヶ島町(現・伊豆市)の温泉旅館・白壁荘で製作した。

3人は旅館に2泊し、現在の大女将の話によると、吉岡は旅館周辺を散策する事で詞の原案を練っていたという。

静岡県・伊豆半島の「天城山」を舞台にしたご当地ソングでもある。

当時のカラオケブームの最中に、「石川にしか歌えない、難易度の高い作品を」ということで制作された楽曲である。

第28回日本レコード大賞・金賞受賞曲

以上wikipediaより抜粋

石川さゆりといえば(天城越え)ですよね、いつ聴いても良い曲です。この歌を本当に上手に歌える女性は惚れますね




石川さゆり ベスト・コレクション


posted by aritama at 14:27| Comment(0) | 石川さゆり

2016年03月29日

渥美二郎(夢追い酒)

渥美二郎


東京都足立区出身の演歌歌手

若い頃から地元・東京北千住で、流しの歌手として活躍。

大山倍達が名付け親となり渥美健の芸名で、1975年の東映映画『けんか空手 極真拳』の主題歌『空手道』で、ワーナー・パイオニアから発売。1976年『可愛いおまえ』でソニー・ミュージックエンタテインメントからデビュー。


夢追い酒


作詞:星野栄一 作曲:遠藤実

1978年2月25日に発売された5枚目のシングルである。

オリコンの100位圏内に109週(1978年3月20日付〜1980年4月14日付)にわたってチャートインするロングセラーとなり、第21回日本レコード大賞でロングセラー賞を受賞した。

発売当時は鳴かず飛ばずであったが、渥美の全国を回っての地道なプロモーション活動が実り、発売から10か月後の1978年12月に日本有線大賞敢闘賞と全日本有線放送大賞努力賞を受賞。年明け後からは爆発的な売上となる。

オリコンチャートでは、発売から約1年経ってトップ10に初登場。西城秀樹「YOUNG MAN (Y.M.C.A.)」・ジュディ・オング「魅せられて」に阻まれて、週間最高位は2位(7週連続)だったが、1979年の年間第1位を獲得した。

なお、オリコンの週間順位が最高2位止まりでの年間第1位達成は、オリコン史上初めての出来事である。

累計売上は182.0万枚(オリコン)。公称では約280万枚とされる。

TBSの『ザ・ベストテン』では、3週連続(1979年5月17日〜5月31日)で10位にランクイン。演歌で最初にベストテン入りした曲である。

wikipedia






渥美二郎 ベスト DQCL-2024


posted by aritama at 15:36| Comment(0) | 渥美二郎