2019年09月12日

平和勝次とダークホース(宗右衛門町ブルース)





平和勝次とダークホース


1971年結成されたコミックバンド。初舞台は吉本興業大阪のうめだ花月。ムード歌謡コーラスグループに分類される場合もある。

平和勝次(へいわ かつじ)

広島県竹原市出身。

父は浪曲畑で宮川左近ショーに結成直後の1年のみアコーディオン担当で在籍経験のある高島和夫、母も浪曲関係、弟に笹山サンバがいる。

両親がドサ廻りで転々し、竹原中学校卒業後、両親に会うために大阪に出て浪曲師冨士月子に弟子入りし冨士月坊、5年後年季明けし「水中軒土左衛門」の名を貰う、浪曲だけでは生活が苦しく大阪の繁華街で流しを始める。

1967年二代目若葉わたるとして「若葉トリオ」に参加。

その後、漫才師になり、現三代目平和ラッパと「平和勝一・勝次」というコンビで吉本興業に所属し、お笑い歌謡ショーを演じた。

1972年「平和勝次とダークホース」メジャーデビュー。


宗右衛門町ブルース


作詞:平和勝次 作曲:山路進一

元々は平和勝次が漫才のネタとして披露していた「宗右衛門町ブルース」をジャケットを事務所の先輩ジャズ漫画の木川かえるに描いて貰いB面を旧友であった桂小春の「ペケペン落語」を吹き込み自主制作で500枚をプレスし、当時堺にあった有線放送に100枚を預けた。

すると堺の盛り場から火が付き始め、次いで函館の有線でも評判になった。

それを日本クラウンの大阪制作宣伝部長が聞きつけ、1972年12月5日にメジャーデビューすると200万枚の大ヒットとなり、一躍その名が知られることとなった。

この曲のヒットで宗右衛門町の名前は全国区となり、町会から平和勝次に感謝状も贈られた。

「宗右衛門町ブルース」の原曲は北原謙二の「さよなら さよなら さようなら」

(作詞:星野哲郎、作曲:山路進一)だが、歌詞はサビの「さよなら さよなら」のフレーズを除き全面的に書き直されている。

Wikipedia

北原謙二の「さよなら さよなら さようなら」の歌詞を変えて、ムード歌謡調にしたら200万枚の大ヒットになったとは驚きました。

北原謙二の「さよなら さよなら さようなら」掲載しましたので、聴き比べてみてください。

大ヒット曲なので、カバー動画がたくさんありました。









北原謙二「さよなら さよなら さようなら」


アローナイツ


宮史郎


前川清


八代亜紀


神野美伽


松尾和美


長山洋子



posted by aritama at 15:24| Comment(0) | グループ

2019年09月03日

日野美歌&葵司朗(男と女のラブゲーム)




男と女のラブゲーム


この歌は、1986年に武田薬品の「タケダ胃腸薬21」のCMで、武田鉄矢と芦川よしみの2人の歌唱で披露された。

当初はCM用にサビの部分のみが作られた曲であったが、問い合わせが殺到したためにフルサイズ版が制作されレコード化された。

「飲みすぎたのは、あなたのせいよ」というフレーズが話題を呼び大ヒットし、カラオケで一種の社会現象を巻き起こした歌である。

作詞は魚住勉、作編曲は馬飼野康二による。

1986年から1987年にかけてレコード会社7社の競作となったが、CMに出演した武田と芦川のデュエット版は、武田が「イメージに合わない」と拒否したため、当初レコード化はされなかった(他人の曲(それも演歌)を歌うことに抵抗があったという)。

最初にレコード化されたのは、日野美歌葵司朗のデュエット(1986年12月21日レコード発売)である。

日野と葵のデュエット版レコードは当初、葵の出身地である名古屋地区限定で販売されたが、反響の大きさから全国発売が決定した。

Wikipedia

武田鉄矢が拒否したことで、日野美歌と葵司朗が大ヒットに恵まれて良かったですね

この曲の続編で「男と女のはしご酒」が作られ、これも武田鉄矢と芦川よしみで唄われ、前回の大ヒットもあって武田鉄矢は拒否せずレコード化されました。

CM動画ありました。掲載しました。武田鉄矢と芦川よしみの「男と女のはしご酒」もありました。掲載しました。



















posted by aritama at 13:52| Comment(0) | 日野美歌