2017年05月02日

森進一(新宿・みなと町)

新宿・みなと町


1979年7月に発売された森進一のシングル

作詞:麻生香太郎/作曲:西谷翔

東京の新宿は海から遠く離れており、一見不自然なタイトルであるが、多くの人々が離れては戻ってくる様子を港町になぞらえている。

この曲のヒットにより森進一の全てのシングルレコードの総売上枚数が1000万枚を突破した。

これはピンク・レディー(1979年)に続くオリコン史上2人目の快挙であり、男性歌手では初めてだった。

TBS「ザ・ベストテン」にもこの曲で初登場。

最高9位にランク、10位以内には通算4週間ランクされた。

また1979年末の「第30回NHK紅白歌合戦」でも、同曲を歌唱披露した。

wikipedia

この曲は、最初の出だしの「新宿はみなと町」という歌詞が、忘れられない曲です。

新宿は何故、みなと町なんだろうとずっと思っていましたが、wikiを読んで納得しました。

森進一は、ポップ調の曲も歌いますが、やはりこの曲のような演歌が一番いいなと感じました。








posted by aritama at 15:16| Comment(0) | 森進一

2017年04月25日

西田佐知子(女の意地)

西田佐知子


大阪府大阪市城東区生まれの元歌手

帝国女子高等学校(現:大阪国際滝井高等学校)卒業後、西田佐智子の名で歌手デビュー。

それ以前には、「浪花けい子」の名で活動したこともあった。

代表作「アカシアの雨がやむとき」は、60年安保当時の世相を表現するテーマ曲のように扱われており、その物憂げな歌声はニュース映像のBGMで使用されることが多く見受けられる。

1971年3月24日の結婚後は仕事をセーブし、オリジナル作品のほか歌謡曲・演歌・ニューミュージックなどのカバー作品も発表し、レコーディング活動が中心となっていたが、1982年発売のシングルレコード「テレビを見ている女」を最後に、現在は専業主婦となっている。

1990年には、作詞家としての活動があった。


女の意地


1965年12月に発売された西田佐知子のシングルレコードである。

作詞・作曲: 鈴木道明

「女の意地」は西田本人が好んで歌い、1970年から1971年頃にリバイバル・ヒット。

1970年12月には、新たに録音し直し「赤坂の夜は更けて」とのカップリングでない「女の意地/傷ついた花びら」も発売された。

1970年大晦日の『第21回NHK紅白歌合戦』でも披露され、翌年に入り大ヒットし40万枚を売り上げた。

wikipedia

少し暗い歌ですが、いい曲です。「こんなに別れが苦しいものなら 二度と恋などしたくはないわ」の出だしは、いまだに忘れることができない詞で、昔からたまに口ずさんでしまいます。

残念ながら西田佐知子が歌っている動画はありませんでした。曲をお楽しみください。

この曲は名曲なのでしょう。多くの歌手がカバーしています。その中から、ちあきなおみのカバーを掲載しました。




女の意地 [EPレコード 7inch]




posted by aritama at 14:26| Comment(0) | 西田佐知子

2017年04月21日

梓みちよ(二人でお酒を)

梓みちよ


あずさ みちよは、福岡県福岡市博多区出身の歌手、女優

1960年代から1970年代を中心に数曲のヒットを飛ばした。アメリカンポップスから歌謡曲まで幅広いレパートリーを持つ。

1960年、福岡女学院高校1年修了で宝塚音楽学校に入学。

同校在学中に渡辺プロダクションのオーディションに応募し合格し、上京し契約する。

約1年間のレッスンを経て、1962年に“ボサノバ娘”のキャッチフレーズでキングレコードより「ボッサ・ノバでキッス」でデビューし、歌手として本格的に活動を始める。

『夢であいましょう』の今月の歌として発表された「こんにちは赤ちゃん」が大ヒットとなり、同年12月の第5回日本レコード大賞の大賞を受賞。

また『第14回NHK紅白歌合戦』にも初出場を果たし、人気歌手としての地位を得た。

デビューから1960年代は清純歌手のイメージで売っていたが、実際は10代の頃から飲酒や喫煙を行っているなど清純とはほど遠いもので、そのイメージが嫌で仕方なかったと発言している。

本人の意向もあり、1970年代以降は大人の女路線へとイメージチェンジしていく。

1974年には床に座り込んで歌う「二人でお酒を」が久々に大ヒット。

同曲で第5回日本歌謡大賞・放送音楽賞、同年末の第16回日本レコード大賞・大衆賞をそれぞれ受賞し、また『第25回NHK紅白歌合戦』にも5年ぶり8回目の復帰出場を果たし、イメージ・チェンジを成功させた。


二人でお酒を


1974年3月25日発売の梓みちよのシングル・レコード

作詞: 山上路夫、作曲: 平尾昌晃

梓の所属事務所は、山上と平尾に、「梓を脱皮させる」新しい曲作りを託す。

作詞の山上路夫は数日間考え続けたが、結局「酒好きの梓らしい、お酒を飲む女性像が一番」と考えた。

演歌歌手ではない梓に酒の歌を歌わせることはためらいもあったものの「新局面を開くには冒険も必要」と割り切った。

梓自身も「酒好きの自分にぴったりでうれしかった」とすぐに気に入った。

テレビ番組やステージで披露される際、1番の歌詞を歌い終えたあと床に胡坐をかきながら歌うのが通例である。

これは、「『女だてらに』あぐらをかいてみたらおもしろそう」という梓自身の提案による演出である。

コンサートで試したところ、笑い声やいぶかる声が聞こえ、手ごたえを感じ、そのまま押し通したという。

第25回紅白でも同様のスタイルで披露され、番組放送時のアナウンス解説者が「この曲の決め手です。」と紹介している

オリコン週間11位の大ヒット曲

wikipedia

この曲のヒットは74年ですので、もう40年以上も前になりますが、この歌は80年代に入ってもカラオケで歌う女性が多かったと思います。よく飲み屋さんで聴いた記憶があります。

残念ながら、その当時の梓みちよが胡坐をかいて歌う動画はありませんでした。






二人でお酒を [EPレコード 7inch]


posted by aritama at 15:41| Comment(0) | 梓みちよ