2019年02月13日

黒沢明とロス・プリモス(ラブユー東京)

黒沢明とロス・プリモス(ラブユー東京).jpg


黒沢明とロス・プリモス


1961年から2010年5月まで活動していた森聖二がメインボーカルを勤め、日本ムード歌謡界を代表するグループである。

旧グループ名は「黒沢明とロス・プリモス」。

2010年6月からは、メンバーを替え「永山こうじとロス・プリモス」に改称。

現在は再び「ロス・プリモス」として活動している。

1961年、ラテンコーラスグループ「黒沢明とロス・プリモス」として結成。なお、黒沢は、映画監督の黒澤明と同姓同名であるが別人である。

1965年にメインボーカルに森聖二を新たに迎え“大人にも楽しめて唄える歌”として、1966年4月、クラウンレコードよりA面「涙とともに」B面『ラブユー東京』の作品でデビューした。


ラブユー東京


1966年に発売された黒沢明とロス・プリモスのシングルで代表曲ある。

作詞:上原尚/作曲:中川博之

初回出荷はわずか1000枚に留まった。

発売当初のA面曲は「涙とともに」であった。

実際、当時のロス・プリモスは自身のテーマ曲として「涙とともに」を歌うことが多かった。

しかし発売から半年後、山梨県甲府市のホステスの間で「ラブユー東京」が話題になり、また作曲した中川博之と友人で後に推理作家としてデビューする内田康夫が制作に係わった深夜ラジオで連夜「ラブユー東京」を流し、次第に知名度が上がる。

1967年7月、ジャケットデザインを差し替え、「ラブユー東京」がA面曲に昇格する。

オリコンシングルチャートが正式に発表されるようになった1968年1月4日付で1位を獲得し、記念すべき1曲目の1位獲得曲となった。

オリコンチャート圏内でのセールスでは30万枚そこそこだが、実際はその前にかなりヒットしていたとされている。

wikipedia

この曲は、オリコン最初の1位になった曲で、累計売上は通算250万枚だそうです。すごい枚数ですね!カラオケでも70年代から80年代前半ごろまで大人気の曲でした。歌ったという人も多いのではないでしょうか

80年代は、オレたちひょうきん族で替え歌で(ラブユー貧乏)も人気になり黒沢明とロス・プリモスも再度人気になりました。面白かったです。私も毎週オレたちひょうきん族を観ていました。

1967年当時の白黒の黒沢明とロス・プリモスの動画がありました!貴重映像ですね!












ラブユー貧乏


オレたちひょうきん族(ラブユー貧乏)


posted by aritama at 16:24| Comment(0) | グループ

2019年01月31日

黒木憲(霧にむせぶ夜)

黒木憲(霧にむせぶ夜).jpg


黒木憲


東京都出身の歌手

明治大学政経学部を中退し、1966年に大橋巨泉の紹介で東芝レコードのオーディションを受け合格し、翌年「夜の東京の片隅で」で歌手デビュー。

1968年には「霧にむせぶ夜」が大ヒットした。

長男も同じく歌手。

2008年2月に芸名を唐木淳から黒木憲ジュニアと改め、二代目・黒木憲として活動している。


霧にむせぶ夜


1968年4月1日に発売された黒木憲の2枚目のシングルである。

作詞:丹古晴己 作曲:鈴木淳

発売から5ヶ月程後、オリコンチャートのトップ10に初登場した。累計売上は130万枚。

オリコン3位、黒木最大のヒット曲である。

また、同年12月にはこの曲を基にした映画も公開され、黒木自身も本人役で出演した。

wikipedia

霧にむせぶなんて表現は普通は使わないと思いますが、むせぶを調べてみたら(涙で息もつまるほど泣く)と出ました。なるほど、この歌詞にぴったりのタイトルですね

(君よりせつない この俺なのさ)男の別れの辛さが表現されています。

この曲のカバーでは、石原裕次郎が一番有名ではないでしょうか

黒木憲ジュニアの動画もありました。現在は黒木じゅんという芸名だそうです。








石原裕次郎


三善英史


黒木じゅん(黒木 憲 ジュニア)



posted by aritama at 14:51| Comment(0) | 60年代ヒット曲